So-net無料ブログ作成
参考まで ブログトップ
前の10件 | -

「鉄は、熱い内に打て」 [参考まで]

***


 鉄は熱いうちに打てとは、

人は柔軟性のある若いうちに鍛えることが大事だという教え。

また、

物事は時期を逃さないうちに実行しないと成功しにくいという教え。


** 引用 **




これ、全てとは、言わないまでも、


多くの場合に言える事だ。


熟慮が必要な場合と瞬発力を必要とする場合とがあり、


果たして、この場合は?と


時間的な判断を悩む場合が有る時、


何を基準に判断したら良いか?。




答えは、人の気持ちが介在する事か?


物理的な事かで判断すると


機を逃さずに済む、


無論、多くの割合でってお話。




具体的には、


デートの誘いは、熱い内に


行く店を決めるのも早めに決める。


仕事の進め方も早めにスケジュールだけは決める。


しかし仕事の場合、


スキーム以降の予定は、熟慮を要するので、


修正可能な条件のもと決めて行く事を薦める。




簡単に言うと


人の気持ちは、変わり易いから「熱い内に」ってこと、


物事など物理的に時間の掛る事は、「熟慮」ってお話。


先ずは、ここから始めてみては?


参考まで。



nice!(4)  コメント(0) 

でね、論争しても壊れない関係ってのは、 [参考まで]

大人の会話では、話が揉めても、


ケンカなどと「次元の低い表現」は、しない。


ケンカってのは、感情をぶつける、低次元の感覚だからね。(笑)


なので、


論争に成ったとしても、


その話の先には、必ず双方の到達点か、


何れ、どちらかの正当性が残り、


方向性が決まったり、何らかの回答が見つかるはずだ。




因みに根本論として、


論争が出来る関係性とは、


極めて重要な要素が双方に有る事が前提になる。


つまり・・・、


論争しても壊れない関係性ってのは、


「信頼関係」が無ければ、成立しないって事。


要素とは、信頼関係ね。(笑)


これは、


友人関係でも、恋愛でも、


結婚の有無に関わらず家族間だってそう!。


そうそう、


論争が付きモノってのは、仕事でも有るよね。(笑)


仕事などは特に信頼関係が無ければ、成立しない。




論争しても壊れない関係ってのは、


仮に敵対していても、成立する。


リスペクトし合っていれば、ね。(笑)


参考まで。

nice!(6)  コメント(0) 

負の感覚から解放する方法。 [参考まで]

負の思いに囚われる人は結構多い。


そんな人を否定して居ても仕方が無いので、


マインドチェンジ、とまでは行かなくとも、


マイナスイメージのマインドから一瞬、解放する方法を記したい。




それは、集中出来る事に挑む事、


挑むと言っても、


簡単に始められて、簡単に入れて、単純な事だ。


その昔、とある打ち合わせで、


「没入感」ってワードが出てきた。


依頼主は、その没入感を要求して来たのである。


昨日、その方がTVに出ていた。


あれ?、こんな感じだったかな?と思ったが、


とても楽しそうに話ししていた。


懐かしく、誇らしくも感じた。




さて、「没入感」。


自身がこれをどのように手に入れるか?は、


個々に任せるとして、話を進めるが、


副作用もある。


没入感でアドレナリン浪費してばかりいると


廃人になってしまうし、


悪さで没入感を得ると捕まって行くだろう。(笑)




上手に付き合うと、


鬱になる事も、生きる事に悲観する事も回避できるはずだ。


要は、自分と上手く付き合って行くってお話。




苦労が多かった3世代以上前の女性達は、


縫う事、編み物などしていたでしょ。


この辺りもヒントになる。


没入感ってのは、


瞬時に別次元へとスイッチさせてくれて、


嫌な事など、一時的に全く感じさせない効果を持つ。


探して、見つけてくださいな。


「単純な繰り返し」もヒントになる。(笑)


参考まで。

nice!(2)  コメント(0) 

アク解から見える、アンチへ執着する人の解消方法 [参考まで]

アクセス解析は、基本的に荒れている時(笑)以外、


気にして居ないが、


年に何度か、あれ?、誰かハマっちゃった?と言う状況が見える。


素直に興味を持ってくれる分には問題ないが、


アンチに執着する「粘着質」と呼ばれる人が厄介なので、


常連の方々以外を対象外に記したい。


年間通してアンチ派は意外に少ない、


「あ、こいつ(私を)嫌だ!って大人」は、再訪もしないし、


寄り付かないものだよ。




上っ面しか読めずに・・・哀れな人に成らない様。




少々キツイ書き出しに成ったが、


アンチで、執着する性格の人の特効薬


私が記しても理解出来ない、


感情的に理解しないだろうから、


2017年に記された小町発言から紹介する。


不要部分のみ黒の訂正線が入っている。




anti-sayonara.JPG

抜粋引用:



この小町さんは、素直に自身の感情を受け入れ、


執着しない様、心がけるとの意が読める。



ココは大人が多く
 
精神的に余裕のある人が多い事が見て取れる
 
私なんぞの戯言に一々左右されない。(笑)
 
 
話の伏線裏読み出来る 賢い人が多く来観して頂く中に、
 
間違って来る人種が時々存在するのも事実。
 
その様な方は、「小町発言へ御行きなさい」な、
 
丁寧で分り易いから。
 
 
 
アンチへの執着は、
 
自身が持つ プラス エネルギーを阻害するし
 
記事にも有る様、時間の無駄!。

 

ココだけの話じゃないよ、小町にも有った、でしょ。(笑)

 

苦言まで。

nice!(6)  コメント(0) 

故事ことわざに、「事実は小説より奇なり」ってのがある。 [参考まで]

行きつく処の故事、


どうもココから逃れる事が出来ない様だ。(笑)




リアルに小説より奇なりって出来事は多くある。


これは、私に限った話じゃなく、


誰にでも言える。


これ、私が23歳の頃、歳の近い上司に初めて言われて


記憶に残っている言葉の一つ。


言葉ってのは、


時間が経ち、経験を積み、歳を重ねて来ると、


更に効いてくるものだったりする。


その時は、気付かなくてもね。




そうそう、補足しとくけど、


言葉の意味は、


善意にとれば、善意、


悪意にとれば、悪意になる。


悪意ある嫌み以外は、ね。(笑)


参考まで。



nice!(4)  コメント(0) 

ヒトと同じ事が出来ないから・・・と言って、 [参考まで]

他人と違うから・・・とか、


osro-1.jpg


他人と同じ事が、上手く出来ないから・・・と言って、


気にする必要など何もない。


人はそれぞれ、得手不得手(えてふえて)があって当たり前、


それぞれ凸凹があって、凹凸が噛み合ったり、


凸凹が凸凹を補って形を成したり、


整ったりするものなのだから。


他人と比較して、負い目なんて感じる必要は無い。


時間がもったいないよ。(笑)


参考まで。

nice!(4)  コメント(0) 

「やさしさ」は、自己犠牲から生まれるもの? [参考まで]

世の中が優しさから遠ざかって居た様に最近感じたのね。

へぇ、こんな事で・・・なんてね。

日本の不況(平成そのもの)がそうさせたのか?

元号・・・これ、

28年前から言われているけど、

「平成」の「成」、←この「成」が良くないらしい。

特に若い世代が顕在的に飢えていて、

生活で手いっぱいで、

潜在的に、根も深かったりで、

それを言葉にすると痛かったり、照れくさいからか?

無関心を装ったり、時に攻撃的にいたり・・・。

(攻撃的に居るのはどの世代にも共通だが:笑)

結局のところ、優しさは、求められている・・・様子。

でもね、

優しい人は、必ず献身的な部分を持っている。

見せるか?・見せないか?

見えるか?・見えないか?

違いこそ有れど、だ。

優しさが、

自己犠牲の上に成り立つような優しさなら、

求めちゃ、だめだ。

優しい人も疲弊するよ。

 ・

そうそう、猫の親子の優しさは、解り易いよね。

優しさの対価を求める事もないし、

無償の優しさだし。

そうそう、犬もそうだね。

動物の方が素直に優しさを授受出来ている。

人は、それ以下って部分、無いかな?(笑)

yasashisa-1.jpg

別れを切り出されたら・・・。 [参考まで]

別れを切り出されたら、

殆どの場合、「終わっている」と、思った方がいい。

厳しい様だが、・・・追いかけたり、

終焉の先伸ばしをしても、お互いにとって得るものは、無いから。

逞しい(笑)人なら、さっさと別の相手を探せばいいし、

気持ちの上で引きずる人ならば、

暫く一人でいた方がいい。

別れを切り出す「ハッキリしたタイプの男」の場合は、

冷めてしまって、

気持ちが無くなっている事を自覚→別れを告げている訳で、

場合によっては、 

「既に別の女が居るからさっさとけりを着けたい」って処だろうから

引き延ばしや説得は、逆効果でしかない。

因みに、別れを告げられる前兆は、

相手(男性)側から連絡が無くなったり、

用事が有っても、自分(女性)側の連絡が殆どになる。

 連絡も、気持ちも、行動も、一方的になる。

別れを告げられたら、潔く受け入れよう。

大人なんだから・・・聞きわけ良くね。

参考まで。


ネット全盛でも、話題の中心は、人。 [参考まで]

先日、見城氏を表題にしてしまい少々後悔した。

というか、記してその影響力に驚いた。

普段、これを読んでいる人以外が反応したから。(笑)

強いワードなのだと改めて知ったので、

申し訳なく思った。

それと同時に、強いワードって言うのは、

時代が変わっても「普遍」なんだなぁ・・・とも。

人の話題の中心は、やはり人って事かな?(笑)

参考にしたり、驚いてみたり、時に救われたり、

比較して、嫉妬したり蔑んでみたり・・・、

でも人は、人の動向から目が離せないって事・・・なのかな?

参考まで。


構ってチャンは、困ったチャン。 [参考まで]

構ってチャンを、「構う男」と「構わない男」が、存在する。

どちらがイイ男でどちらがモテる男か?

答え、追記で。

さて、大体1組織や1グループに一人は居る「構ってチャン」。

この手の子は、自分の事しか考えていないし、

他人は自分を支えてくれる為に存在していると

勘違いを通り越して、

全くの別次元に生きている。

そんな「構ってチャン」は、時にグループ内の雰囲気を壊し、

構ってくれる恩人にアダで返す結果をもたらす。

但し、構ってしまう人間もほぼ同罪。

構ってチャンは、何処へ行っても困ったチャン。

これを見破り、

組織内・グループ内に存在させない事が

前を向き、大人な関係を構築する上で重要な要素だろう。

まぁ、一説には、相手にしなければ良いだけだろう?

と、一口にしてしまえばそうなのだが・・・。(笑)

こちらがそうでも、そうは行かないのが

構ってチャンの悪い影響力。

とは言え・・・私の仕事には、「憑きモノ」の様で・・・、

対策を要求され続けている。(泣)

*この件に関しては、非常に不運を感じる。

答え。


前の10件 | - 参考まで ブログトップ